Html5Labのご挨拶

( HTML5Labについて )
弊社は「HTML5」「CSS3」「マルチデバイス」の3つのキーワードを主軸にWebインテグレーションサービスを行っております。
先日弊社のオフィシャルサイトを、PCやスマートフォン、タブレット端末など様々なデバイスからの閲覧に対応したマルチデバイスに対応したリニューアルを行いました。


また、活動を通じて得た経験を元に、HTML5/CSS3のマークアップ手法などの技術的な情報や、Webサイトの企画に役立つような制作事例や業界のニュースなどの情報を「HTML5Lab」にて発信いたします。

第一回は、既に一般化している内容ですがおさらいとして「HTML5について」、「HTML5に関するトピックスの振り返り」の2点をご紹介させていただきます。

( テーマ1:HTML5について )
HTML5の普及が進み皆さんの理解として、下記の3つを思い浮かべるのではないでしょうか?

・ Flashの代替として動画やアニメーションの表現に利用する
→スマートフォンやタブレットへの対応
・ 今まで難しかった事が簡単にでき作業工数が短縮できる
→JavaScriptを使わずにアニメーションなどの表現が簡単に実装できる
→CSS3を用いることで視覚的にもわかりやすくマークアップできる
・ 簡素化した綺麗なHTMLが書ける

HTML5は、HTML4.01の次世代として策定が進められている仕様です。HTML4は文章の作成が目的でしたが、5ではリッチなアプリケーションのプラットフォームJavaFX、AdobeFlash、MicrosoftSilverlightなどを置き換え、アプリケーションのプラットフォームとしての機能やマルチメディア要素が実装されています。

長所としては下記のような項目があげられます。
・ 操作性や使いやすさが向上する
・ マルチメディアの対応
・ 新しいタグや機能が盛り込まれている為HTMLが簡素化でき制作工数の短縮
・ オーディオや動画、Flash、Silverlightの代替えに適している
・ クロールおよびインデックスにおいてSEO対策によい
・ モバイルアプリでワンソースで複数のOS展開などのメリット

視差効果を使い奥行きを表現するパララックスや、マルチデバイス、Flashの代替えなどの「表現力」という視点だけでなく、ソフトウェアから読みやすいコードで検索エンジンにやさしくするような「セマンティクス」の考えを加えた制作が今後重要になります。
HTML5Labでは、表現力とセマンティクスの両観点での事例紹介などの記事投稿をしていきたいと考えております。

( テーマ2:HTML5に関連するトピックスの振り返り )
2007年の標準化開始からメディアやベンダーからの情報発信、カンファレンス開催まで、HTML5に関するトピックスをご紹介いたします。

◆ 2007年03月
W3C HTML WGによるHTML5標準化開始
◆ 2009年05月
Google開発者イベント「I/O」にてHTML 5の未来に関する講演で強い推奨
◆ 2010年04月
apple(Steve Jobs)がFlashを採用しない理由についての説明文を公式サイトに掲載
◆ 2010年11月
WEBマガジンCodeZine(翔泳社様)にてHTML5が注目をあびる理由とは?で記事掲載
◆ 2011年04月
Yahoo!デベロッパーネットワークのブログにてHTML5とは何かについて記事掲載
◆ 2012年01月
ascii.jpにてHTML5の基礎知識に関する記事掲載
◆ 2012年6月
Adobe System:Android 4.1からFlash非サポート、フラッシュ・プレイヤーの開発の中止について発表
◆ 2012年08月
アプリクリエイターのスキルアップを支援するHTML5/CSS3 Javascriptの特別講座クリエイティブアカデミーをサイバーエージェント開催
◆ 2012年09月
多くの企業スポンサーのもとHTML5をテーマで1,000人規模のHTML5カンファレンス開催

( 最後に )
Googleから過去20年間に登場したブラウザーやHTMLなど歴代の技術を紹介した特設サイトウェブの進化が開設されていますのでこの機会に是非チェックしてください!